◆お役立ち情報◆
≪使用方法≫

☆次のお客様のためにも大切にご使用ください。
                                                    
■到着時チェック
機材が到着しましたらすぐに動作チェックをしてください。
出荷前にチェックしていますが、輸送時に故障する可能性もありますので。

 
チェック1

・袋からチョコレートファウンテン本体を取り出します。
・付属の「電源コード」を本体と部屋のコンセントに接続します。




 

チェック2
・本体向かって右側の「モータースイッチ」を押します。
注意)10秒以上モーターを回さないようにしてください。

・スイッチが赤く光ってモーターが回り始めます。このとき頭頂部の穴を覗いて中のスクリューが回っていれば正常です。
・回っていることを確認したらスイッチを切ります。





 

チェック3
・本体向かって左側の「ヒータースイッチ」を押します。
・スイッチが赤く光ってヒーターが加熱されます。
・1分くらいで本体が温かくなってきたら正常です。
・これを確認したらスイッチを切ります。
・チョコレートファウンテン本体を袋に戻し、本番当日まで保管してください。


 


■セッティング作業
チョコレート3kgが溶けるのに約90分かかりますので、余裕をもって準備してください。
H60の場合、
ョコレートを4kg以上使用する場合は、別に湯煎やホットプレート等でチョコレートを
 溶かす必要があります。(H80の場合5kg以上)


 
本体を所定の位置に置き、付属の水平器を頭頂部に置き水平を確認しながら足部を回して高さを調節します。

Point)水平がとれていないと、チョコレートの膜がきれいにできません。




 
本体のコネクタ部に電源コードをしっかりと差し込み、会場のコンセントに接続します。






 
ヒーター電源を入れ、ヒーターのダイヤルを最高温に設定します。
(表示の110℃が一番上にくる状態)
今後ヒーターのダイヤルは終了までこのままです。
(チョコレートは温かい程度までしか上昇しません。)




 
専用チョコレート2袋とカカオバターを本体の受け皿に投入します。

Point)約90分程度で溶けきります。ただし室温が低いとさらに時間がかかる場合があります。
Point)チョコレートは周囲にまんべんなく投入してください。
Point)お急ぎの場合は別に湯せん又はホットプレート等にてチョコレートを溶かしてください。(目安:3kgの場合170度で約30分)またドライヤーで温風を当てると早くチョコレートを溶かすことができます。(風によるチョコレートの飛び散りに注意)

時々ゴムへらで撹拌しながら溶かし、チョコレート3袋めも投入し溶かします。

Point)ダマが無くなるまで十分に溶かしてください。ダマが残っていると吸込み口を塞いでチョコレートが流れない場合があります。
Point)4袋目からはスクリューを稼動してチョコレートを吸い上げないと入りませんので、別に溶かしたチョコレートを注いでください。

この状態で長時間保管する場合は、部分的にチョコレートが焦げ付く可能性がありますので、1~2分間隔で適当に攪拌してください。

モーターのスイッチを入れます。
きれいにチョコレートが膜状に流れ落ちたら準備完了です。

Point)チョコレートがきれいに流れない場合は一旦スクリューを止めて、再度撹拌して(特に中心部)からスクリューのスイッチを入れてみてください。(吸込み口が詰まっている場合があります。)
Point)一旦モーターを回した後モーターを切ると中のチョコレートが固まってスクリューが回らなくなりますので、絶対にモーターは止めないでください。
食材をチョコレートの膜に浸して食べていただきます。
使用しているうちにチョコレートの膜が途切れ始めたらチョコレートを追加して下さい。

Point)連続運転時間は約12時間です。それ以上使用した場合モーター等に破損が生じる可能性があるのでご注意下さい。

Point)チョコレートを追加する場合は、別に溶かしたチョコレートを流し込んでください。
使用後、タワー部のチョコレートをゴムへらで軽くふき取ります。

Point)頭頂部のチョコレートも拭き取ってください。





 
タッパーやバケツ等にチョコレートを移します。このチョコレートは適宜処分してください。






 
最下段の受け皿のチョコレートは多少残っていても問題ありません。






 
本体を付属のナイロン袋に入れて、電源コード」「ゴムへら」「水平器」を添えて専用箱に入れてください。

その箱の上に同梱されている「返却用送り状」を貼り、そこに書かれた佐川急便の電話番号に電話して取りに来てもらってください。






 

■複数日ご使用いただく場合
・分解して洗浄し、組立てをする必要があります。

 
使い捨てポリ手袋をし、本体の筒を反時計回りに廻し真上に持ち上げるようにして外します。






 
その中のスクリューを真っすぐにつまみ上げ、外します。







 
モーター軸に付いているピンを外し洗浄します。

Point)このピンがないとスクリューが回転しないので無くさないようにしてください。

Piont)一部ピンの外れない機種もありますが外れないものはそのままでも問題ありません。


 
最下段の受け皿を反時計回りに廻して外します。

Point)チョコレートが残っていると、外したときにモーターに流れ込む危険があるので十分にふき取ってから外してください。

本体軸・受け皿・スクリューを流し台で洗浄します。


 
モーター軸に付いているゴムパッキンを外し洗浄します。また、モーター軸に付いているチョコレートはフキン等できれいに拭き取ります。

Point)機械本体は破損の原因となりますので絶対に水洗いをしないでください。



 
部品を中性洗剤等で洗浄し十分に乾燥させてから、再度組み立ててください。

Point)洗浄の際ねじ部は手を切る可能性があるので気をつけてください。

Point)狭小部は歯ブラシ等で洗浄してください。


 
再度組み立てる場合は解体と逆の順番で行ってください。

Point)筒のねじ部はしっかり締め付けてください。稼動時にねじ部が緩むと破損の原因となります。




 




とにかく お問合せ・資料請求という方は⇒お問い合わせフォームへ